典型的な少子高齢化を絵に描いた状態

ホームへ戻る > 典型的な少子高齢化を絵に描いた状態

地元密着型の工務店やハウスメーカーの方が冬でも快適
個人情報の取り扱いについて
質問7 頭金が少ないのですが、購入は出来ますか?
BBクリームは1色展開
質問5 良い家を見つけるコツはありますか?

茨城県の人口は、約300万人で全国11位であります。その内訳は、人口に占める年少人口の比率で13.8%と全国平均13.5%とほぼ同等であり全国21位であり埼玉・静岡県と同じ順位であります。その一方老年人口の比率は、20.7%と全国平均21.5%と全国水準よりは若干下がっています。


これも、また典型的な少子高齢化を絵に描いた状態であります。人口の増加率は、全国平均を0とした場合に茨城県は-1.0%であり全国16位であります。


茨城県の総住宅数は、123万戸で平成15年よりも約10万戸、約8.2%の増加になっています。茨城県の新設住宅着工戸数(人口10万人当たり)は、851戸で全国平均811と比べてやや多く、全国9位となっています。

そして持ち家比率では、70.7%と全国平均62%を上回り全国13位であります。居住世帯のある住宅の建て方を見ると、茨城の一戸建ては、約76万戸であり、全国の一戸建ては55.4%で多い比率となっています。これは前回の調査で一戸建てが3.8%の増加となっています。


そして住宅の1世帯当たりの延べ面積は、104.6m2で全国平均の91.2m2と比べるとやや広く全国23位となっています。住宅のうち水洗トイレの住宅は、約91%でありほとんどの家庭では水洗トイレとなっています。