サーバー無料か有料か 2

ホームへ戻る > サーバー無料か有料か 2

歯科でのレーザー治療
飲料水の過剰摂取
深刻な水不足
水の気泡
水との出会い

ランキング上位にウォーターサーバーレンタル費用が有料のものと無料のものが混在しているように、総合的なコストはほぼ同じであるレンタル無料・有料は、一概にどちらがお得ということを言うことはできません。その上で両者いずれかを選ぶ際に考えるべき基準は「月の利用量がどれぐらいか」ということです。


まず極端な例として、レンタル有料の場合ウォーターサーバーだけ置いて、水を全く使わないというのが一番もったいない使い方ということになります。一方で、こうした業者は水のほうの単価が低めになっていることが多いので、使えば使うほどレンタル料が無料の場合との差が縮まっていき、何処かで逆転します。サーバーレンタル料が有料に設定されている水宅配業者では大体が月額でレンタル料金が発生します。ある業者のレンタル料は600円/月になっていますので、無料レンタル業者との水タンク差額が200円/12リットルだとすれば、月36リットル以上の利用で逆転が起きるはずです。実際、ランキングで紹介されている価格を見ても200~300円ほど違うことが多いので、大体このぐらいの量でペイできると考えればよいでしょう。たくさん使う場合は、サーバーレンタル有料のほうが基本的にはお得になっていくのです。

一方、月1~2タンク(24リッター)未満であるとか、使う時はそれなりに使うが使わないときは全然使わないといった具合に波がある場合は、レンタル無料のほうがお得になることが多いでしょう。ランキングを見る際も、単純に上位の所が良いと考えるのではなく、こうした自分の使用スタイルと合わせて検討することが重要でしょう。